引出金(ひきだしきん)
店主が店の現金などから私用のために引き出した金額を一時的に処理する勘定。

引出金勘定には現金だけではなく、商品を持ち出した場合にも使用します。その場合、原価で処理を行います。期末には引出金勘定から資本金勘定に振り替えを行います。
仕訳例

事業主個人の携帯電話代を現金で支払った。携帯電話代は2,500円であった。

借方
貸方
引出金2,500現金2,500

ポイント
資本金
出資者により会社設立時や増資の払い込みされた金額や、減資をする時などに資本金とする金額を処理する勘定。
元入金
個人事業における純資産。資産の合計から負債の合計を差し引いた金額。
引当金
将来発生することになる支出、損失に備えて、その一部を当期の費用、損失とするもの。貸借対照表の負債の部(または資産の部の評価勘定)に繰り入れられる金額をいう。
分類: 資本



サイト内検索