租税公課(そぜいこうか)
税金や公に課せられる費用を処理する勘定。固定資産税、事業税、自動車税、印紙税、商工会議所や同業者組合の会費や組合費など。

租税
固定資産税、事業税、自動車税、印紙税などの税金。
公課
商工会議所、事業者組合、商店などの経費、組合費、割課金などの公に課せられる費用。
仕訳例

自動車税100,000円を現金で支払った。

借方
貸方
租税公課100,000現金100,000

建物を取得する際の税金を納付した。支払った登録免許税、不動産取得税の合計が400,000円であった。

借方
貸方
租税公課400,000現金400,000

収入印紙20,000円を購入した。代金は現金で支払った。

借方
貸方
租税公課20,000現金20,000

ポイント
租税公課には、税法上費用とならないものがあるので注意が必要です。費用とならないものには次のものがあります。
法人税、住民税、源泉所得税、附帯税、延滞税、加算税、延滞金、加算金、不納付加算税、印紙税法上の過怠金、罰金、科料、過料など。
分類: 費用



サイト内検索