修繕費(しゅうぜんひ)
有形固定資産の修理、維持補修のためにかかった費用。事務所修理、定期点検、部品交換など。

大規模な修繕を行った場合、その改修により資産の価値の増加や、使用可能期間が延長するような場合は、修繕費ではなく、固定資産として処理を行います。
仕訳例

コピー機のメンテナンスを行った。料金13,000円は現金で支払った。

借方
貸方
修繕費13,000現金13,000

会社事務所の防水工事を行った。料金300,000円は小切手で支払った。

借方
貸方
修繕費300,000当座預金300,000

雨漏りのため、外壁の塗装工事を行った。料金20,000円は月末払いとした。

借方
貸方
修繕費20,000未払金20,000

ポイント
修繕の内容によって、修繕費となるか資本的支出となるのか判断が難しい場合があります。このような場合、形式基準に従って判断を行います。
1つの改修の費用が20万円未満(修繕費)
前回の改修から3年以内(修繕費)
明らかに資本的支出に該当する(資本的支出)
明らかに資本的支出に該当しない、改修の費用が60万円未満(修繕費)
明らかに資本的支出に該当しない、取得価額の10%以下(修繕費)
支出額の30%か取得価額の10%のいずれか少ない額(修繕費)
支出した金額から上記の金額を差し引いた金額(資本的支出)
分類: 費用



サイト内検索