製品(せいひん)
製造加工を完了し販売可能な完成品。決算時に保有している製品有高を処理する勘定。完成する前の段階では仕掛品や、半製品とよばれる。

製品勘定は、主に決算時に使用されます。原価計算制度を採用している場合に使用される勘定です。
仕訳例

期首の製品在庫20,000円があり、決算時に振り替えた。

借方
貸方
期首製品棚卸高20,000製品20,000

決算時につき期末棚卸をした結果、製品在庫20,000円があった。

借方
貸方
製品20,000期末製品棚卸高20,000

製品の販売契約にあたって内金を20,000円受け取った。

借方
貸方
現金20,000前受金20,000

ポイント
製品製造業の売上原価の算出方法
期首製品棚卸高+当期製品製造原価−期末製品棚卸高
仕掛品
全工程を完了していない製造途中の物で、そのままでは販売できない状態にあるもの。
半製品
全工程を完了していない製造途中の物で、そのままでも販売可能な状態にあるもの。
分類: 流動資産



サイト内検索