資本金(しほんきん)
出資者により会社設立時や増資の払い込みされた金額や、減資をする時などに資本金とする金額を処理する勘定。

個人事業の場合は、資産合計から負債合計を差し引いた金額(純資産)である元入金勘定を使用します。
資本金の最低額については、平成18年5月から新会社法が施工され、最低資本金が撤廃され、株式会社は1円から設立できるようになっています。
仕訳例

株式会社を設立した。資本金は15,000,000円、各出資者からの払込金はすべて別段預金した。

借方
貸方
別段預金15,000,000資本金15,000,000

株式会社を設立した。時価650,000円の備品の現物出資を受けた。

借方
貸方
備品650,000資本金650,000

ポイント
元入金
個人事業における純資産。資産の合計から負債の合計を差し引いた金額。
資本準備金
商法の規定により、株主から払い込まれた資本の中で、資本金としなかったものを処理する勘定。株式払込剰余金、合弁差益など。
分類: 資本



サイト内検索