前受金(まえうけきん)
得意先との通常の営業取引で、商品や製品販売代金、役務提供の対価などを内金または手付として前受けした金額を処理する勘定。

前受金勘定は、主となる営業取引の場合のみで使用されます。建設業では、未成工事受入金勘定を使用して処理を行います。また、自社商品券を販売した場合は前受金勘定を使用します。
仕訳例

商品販売契約に際して内金を受け取った。内金20,000円、現金にて受け取った。

借方
貸方
現金20,000前受金20,000

商品の引渡しに際し、内金の金額を差し引き残金を現金で受け取った。商品50,000円、内金20,000円であった。

借方
貸方
前受金20,000売上高50,000
現金30,000

自社の商品券を販売した。商品券20,000円分、支払いは現金で受け取った。

借方
貸方
現金20,000前受金20,000

ポイント
前受収益
契約に従って、継続し役務提供を行う場合に、提供する前に前払いで受けた対価を処理する勘定。家賃の前払い、利息の前払い、手数料の前払い、地代の前払いなど。
分類: 流動負債



サイト内検索