商品(しょうひん)
加工等を加えずにそのまま販売目的で仕入れた物品。決算時に保有している商品有高を処理する勘定。

商品売買の処理は、通常では3分割法によって行われます。3分割法は、仕入勘定、売上勘定、繰越商品勘定の3つで構成されます。繰越商品は期首商品棚卸高(前期から繰り越された在庫)と期末商品棚卸高(次期へ繰り越す当期末在庫)の残高になります。
仕訳例

掛けで商品20,000円を売り上げた。

借方
貸方
売掛金20,000売上高20,000

掛けで商品21,000円(消費税込み)を仕入れた。

借方
貸方
仕入高20,000買掛金21,000
仮払消費税1,000

販売した商品に欠陥があったため返品を受けた。

借方
貸方
売上高20,000売掛金20,000

ポイント
商品販売業の売上原価の算出方法
期首商品棚卸高+当期商品仕入高−期末商品棚卸高
棚卸し
期末や毎月末の在庫商品の金額及び数量を確定すること。商品ごとに、帳簿上の数量と、棚卸表などで実際の数量を照合して確定する。
分類: 流動資産



サイト内検索