営業権(えいぎょうけん)
社会的な信用や従業員の質、技術的特長、地理的条件、独占権、金融力など企業のその他諸々の要因からの超過収益力。営業権は有償または合併により取得した場合のみ計上できる。暖簾(のれん)とも言う。

営業権の償却は、5年以内に均等額以上を営業権償却勘定を使用して費用化していきます。
仕訳例

店舗営業権を5,000,000円で購入し、小切手で支払った。

借方
貸方
営業権5,000,000当座預金5,000,000

土地5,000,000円、建物3,000,000円、営業権5,000,000円の営業所を買い取り、小切手で支払った。

借方
貸方
土地5,000,000当座預金13,000,000
建物3,000,000
営業権5,000,000

ポイント
その他の無形固定資産には、意匠権、実用新案権、借地権、商標権、電話加入権、特許権などがあります。
分類: 無形固定資産



サイト内検索