不渡手形(ふわたりてがた)
所有している受取手形、裏書譲渡した手形、割引きした手形が満期日に支払が拒絶された場合に使用する勘定。

不渡りが6ヶ月以内に2度起きると銀行取引が停止され、2年間は当座預金の開設ができなくなります。
仕訳例

取引先の手形20,000円が不渡りとなった。

借方
貸方
不渡手形20,000受取手形20,000

取引先の手形200,000円が不渡りとなったため、話し合いの結果、1年以内の貸付金とすることにした。

借方
貸方
短期貸付金200,000不渡手形200,000

ポイント
割引手形
所有している受取手形を期日前に銀行などで割り引いた手形。
裏書手形
所有している受取手形に裏書をし第三者に譲渡した手形。
手形の遡及
裏書譲渡した手形が不渡りになった場合、裏書人は支払いの責任を負うこと。また、受け取った裏書手形が不渡りになった場合、自分より前の裏書人に支払いを請求することができること。
分類: 流動資産



サイト内検索