工具器具備品(こうぐきぐびひん)
測定工具や取付工具、切削工具などの工具類、家具、事務機器、広告器具など。

使用可能期間が1年未満のものや、取得価額が10万円未満のものは、その取得価額の全額を購入した時点で費用処理できます。リース商品は含みません。
仕訳例

工具器具備品50,000円を得意先に60,000円で売却し、代金は小切手で受け取った。(個人事業用)

借方
貸方
現金60,000工具器具備品50,000
事業主借10,000

パソコンを現金300,000円で購入した。配送代15,000円も現金で支払った。

借方
貸方
工具器具備品315,000現金315,000

ポイント
消耗品費
事務用品や工具備品などの消耗品で小額なもの。工具、時計、包装用紙、蛍光灯など。
減価償却費
固定資産の物質、機能的な価値の減少分を費用として処理する勘定。
分類: 固定資産



サイト内検索