小口現金(こぐちげんきん)
少額の支払い(交通費、文房具代、切手代、日常の支払いなど)のために、予め企業内に別口で管理されている現金。

決算書上では、小口現金勘定の残高は現金勘定に含めて処理を行います。小口現金の扱いには定額資金前渡法と随時補給法の2つの方法があります。定額資金前渡法では、小口現金係りに定期的に一定額を補給します。随時補給法では金額を一定とせず、必要に応じ随時補給を行います。
仕訳例

小口現金の補充を50,000円した。

借方
貸方
小口現金50,000現金50,000

小口現金の内訳は、事務消耗品費20,000円、旅費交通費20,000円、接待交際費30,000円であった。

借方
貸方
事務消耗品費20,000小口現金70,000
旅費交通費20,000
接待交際費30,000
小口現金70,000現金70,000

出張する社員に、小口現金から仮払いで50,000円渡した。

借方
貸方
仮払金50,000小口現金50,000

ポイント
現金
通貨及び金融機関ですぐに換金できる通貨代用証券を処理する勘定。通貨、他人振出小切手、送金小切手、送金手形、預金手形、郵便為替証書、公社債の期日後の利札など。
仮払金
金額や使途が未確定で概算払いするときなどに処理する勘定。交通費仮払、出張旅費仮払、従業員仮払など。
分類: 流動資産



サイト内検索