建設仮(けんせつかり)
建物、機械などの有形固定資産の建設や制作のために支払う一切の費用を処理する勘定。落成後は建物勘定に変更する。

建物、機械などの有形固定資産の建設や制作のための費用は仮払金勘定を使用せず、建設仮勘定で処理をします。建物などが完成して引き渡しを受けた時点で、即した固定資産勘定に振り替えを行います。
仕訳例

事務所の改築工事の手付金1,000,000円を小切手で支払った。

借方
貸方
建設仮勘定1,000,000当座預金1,000,000

事務所の改築工事が終了し、手付金1,000,000円を差し引き残金4,000,000円を小切手で支払った。

借方
貸方
建物5,000,000当座預金4,000,000
建設仮勘定1,000,000

ポイント
建物
営業用の店舗や倉庫、事務所などを処理する勘定。付随費用も含める。
分類: 固定資産



サイト内検索