仮払金(かりばらいきん)
金額や使途が未確定で概算払いするときなどに処理する勘定。交通費仮払、出張旅費仮払、従業員仮払など。

仮払金は後日、内容や金額がはっきりした時点でそれぞれの勘定科目に振り替えを行います。
仕訳例

社員の出張にあたり出張費20,000円を現金で仮払いした。

借方
貸方
仮払金20,000現金20,000

出張から社員が戻ったので仮払いした出張費20,000円(旅費交通費17,000円、残金3,000円)を清算した。

借方
貸方
旅費交通費17,000仮払金20,000
現金3,000

ポイント
仮受金
入金した金銭に対して、内容が不確定の場合一時的に処理する勘定。
小口現金
少額の支払い(交通費、文房具代、切手代、日常の支払いなど)のために、予め企業内に別口で管理されている現金。
分類: 流動資産



サイト内検索