固定資産売却損(こていしさんばいきゃくそん)
土地や建物、自動車、その他設備などの固定資産の売却により生じた損失。

固定資産を除却して損失が生じた場合は、固定資産除却損勘定で処理を行います。また、固定資産の売却により利益が生じた場合は固定資産売却益勘定で処理を行います。売却の際の手数料、印紙代などの諸費用は、売却損に含めて処理できます。
仕訳例

機械装置を現金300,000円で売却した。帳簿価額は500,000円であった。

借方
貸方
現金300,000機械装置500,000
固定資産売却損200,000

建物を500,000円で売却し、小切手で受けとった。帳簿価額は800,000円であった。

借方
貸方
現金500,000建物800,000
固定資産売却益300,000

ポイント
固定資産除却損
機械設備、その他備品などの固定資産の廃棄処分により生じた損失。
固定資産売却益
土地や建物、自動車、その他設備などの固定資産の売却により生じた利益。
分類: 費用



サイト内検索